歯のクリーニング(PMTC)

後悔1位は「歯の定期検診を受ければよかった」

プレジデント(PRESIDENT) 2012年11月12日号の内容、「55~74歳の男女1060人に人生の振り返りの調査を実施」した結果、人生で後悔したことのうち、健康に関する後悔の1位は、「歯の定期検診を受ければよかった」という結果でした。


80歳になった時点での残存歯数

80歳の時点での残存歯数は、日本人の場合は10本前後程度といわれています。成人の歯の数は親知らずを抜かして28本なので、半分以上の歯を失っていることになります。これに対してアメリカでは20本近く、スウェーデンでは20本の歯が残っているといわれています。


残存歯数の違いは予防意識の違い?

日本では「痛くなってから」歯科医院に行く傾向が強いですが、欧米の歯科医療先進国では「痛くならないように」普段から定期的に歯科医院でメインテナンスを受けるという習慣が一般的となっています。


定期メインテナンスの効果

スウェーデンのイエテボリ大学のアクセルソン博士は、スウェーデンでの30年もの長期にわたる臨床研究により、

定期メインテナンスを継続することにより、り97.7%の歯を守れる。

ということを証明しました。研究結果によると、定期メインテナンスを受け続けた人と、定期メインテナンスを受けなかった人のむし歯の発生率は4年間で約15倍、6年間では70倍の差になりました。そして、定期メインテナンスを受け続けた人の30年後の残存歯数についてみていくと、全ての年代を含め、平均0.6本しか歯を喪失していなかったのです。

「予防」をはじめましょう

歯科医療において本当に大切なことは虫歯や歯周病を防ぐことです。

成人の虫歯治療の70~80%は、新たな虫歯の治療ではなく、過去に治療した歯の再治療である。

というデータがあります。

そこで重要になるのが ” 予防 ” という考え方です。

当院では、虫歯や歯周病を発症させないこと、発症してしまった虫歯や歯周病を再発させないこと、に重点をおいて日々の診療にあたってます。
定期的にお口の状況をチェックし、小さな変化のうちに対応することで虫歯、歯周病を未然に防ぎます。

歯石の除去

歯の表面、歯ぐきの中の汚れが硬くなってしまったものを歯石と呼びます。歯石は歯磨きでは除去できません。歯石は歯科医院で除去する必要があります。まずは歯石を除去し歯周病を治療、健康的な歯ぐきを取り戻します。歯石除去は保険適応です。
歯周病が治ってからは定期的なクリーニングやPMCTで予防的な治療に移行します。
歯周病を再発させないことが理想的な治療の流れです。

定期検診・クリーニング

毎月定期的に口腔内のケアをしたい、定期的にクリーニングがしたい方へ。
来院時のお口の状態に合わせて、歯石除去・クリーニングを行います。

PMTCで歯のクリーニング

「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」というのは、歯科医院で行う専門的な歯のクリーニングのことです。

日々のブラッシングでは取りきれない微細な汚れや着色、歯の表面に付着したプラーク(歯垢)やバイオフィルム(細菌の膜)を取り除き、その後、歯の表面に、ナノ粒子ハイドロキシアパタイトを含むペーストやフッ素を塗り込みます。歯の表面を補修・強化し、再石灰化を促進します。

歯周病予防、虫歯予防にも効果があるので検診と合わせて定期的なPMTCがお勧めです。

  • 歯石除去(スケーリング)
  • 着色除去(エアフロー)
  • バイオフィルム除去(エアフロー)
  • 歯面補修(リナメルペースト ポリッシング)
  • 歯面強化(フッ素ペースト ポリッシング)

およそ60分程度の時間で、上記5項目を行います。