小児の治療・予防

小児歯科の目指すこと

小児歯科の目指すべきところは、乳歯から健全に永久歯になっていけるよう、しっかり管理していくことです。

「乳歯はどうせ萌え変わるから」と、放ってしまうと、乳歯で起きた病気が原因で、後々に、様々な弊害が出てくるリスクが高まります。永久歯の歯並びの悪さの原因にもなります。

小児歯科では、中学生位までを対象に、お子様が、健康な歯、健康な歯並び、健康なかみ合わせを獲得できるよう、歯科医院と一緒になって取り組んでいきましょう。

歯磨き習慣で虫歯を防ぐ

歯科医院でのケアやフッ素塗付と同じように、お子様ご自身や保護者の方の毎日の歯磨きがとても大切です。

歯ブラシの選び方から効果的な歯磨きの仕方まで、お子様ひとりひとりに合わせた、セルフケアをご提案いたします。

お子様が健康な歯で成長するお手伝いをさせていただきたい、と思ってます。

フッ素で強い歯に

フッ素は歯の表面のエナメル質を強くする作用があります。

子供の乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯を覆うエナメル質が未発達で、虫歯の進行も早いことが多いので注意が必要です。

保険内でのフッ素塗布法から、スポンジのマウスピースを使用する効果的な方法まで対応してます。

奥歯が生えたらシーラントで虫歯予防

子供の奥歯には深い溝があり、複雑な形をしています。磨き残しがたまりやすく、虫歯になりやすい場所です。奥歯の溝を白いプラスチック樹脂で埋めて虫歯を予防する方法をシーラントと呼びます。 シーラントはとても優れた虫歯予防法です。