痛みの少ない治療

痛みの少ない治療への取り組み

①痛みを最小限にする治療

現在の歯科治療では、しっかりと麻酔を行うことでほとんどのケースで痛みをほとんど感じずに治療を行うことが可能です。

当院では麻酔自体の痛みも最小限に抑えるための機器を導入してます。

また、診療時間を長く取らせて頂くことで、麻酔がしっかりと効くまで待ってから治療を開始します。

②麻酔の痛みも最小限に

痛みをとるための麻酔、それ自体が痛いと思われるかたも多いのではないでしょうか?麻酔自体の痛みの原因は2つあります。

  • 針を刺す時のチクッとした痛み。
  • 麻酔を注入するときの速度と圧力による痛み。
この2つの痛みを最小限にすることで、痛みを最小限度にした麻酔を行うことが可能です。

具体的な内容の一例

表面麻酔

麻酔を行う前に、注射部位に表面麻酔を行います。歯ぐきの表面にジェル状の麻酔薬を塗ります。薬を塗るだけなので痛みはありません。しばらくすると歯ぐきの表面に麻酔が効き、麻酔の針を刺す時のチクッとした痛みが感じにくくなります。

細い注射針

麻酔の針は細ければ細いほど、痛みを感じません。
当院では麻酔用の注射針のなかでも最も細い33Gという注射針を使用します。

電動制御でゆっくりと麻酔を注射

電動麻酔注射器を使用します。注入速度、注入圧力をコンピューターが自動で制御します。
痛みを抑えるために始めはゆっくりと、ゆるやかに注入速度が上昇するため、注入圧力が大きくならず、痛みを最小限に抑えます。
当院では各ユニットに1台備え付けており、必ず電動麻酔注射器を使用します。