料金表

自由診療の料金について

自由診療について

セラミック治療、歯列矯正治療、インプラント治療などの治療は、健康保険適用外の治療、つまり「自由診療」となります。

料金表

メニュー
料金(税別)
備考
オールセラミッククラウン KATANAジルコニア
120,000円
被せ物
オールセラミックインレー IPS e.max press
70,000円
部分的な詰め物
ファイバーコア
25,000円
プロビショナルクラウン
5,000円
メニュー
料金(税別)
備考
MTAセメント直接歯髄保存療法
30,000円
MTAセメント穿孔封鎖
30,000円
メニュー
料金(税別)
備考
ダイレクトボンディング前歯
20,000円
ダイレクトボンディング前歯(複雑なもの)
35,000円
ダイレクトボンディング前歯(歯冠形態の回復)
50,000円
ダイレクトボンディング小臼歯 
25,000円
ダイレクトボンディング小臼歯(複雑なもの)
35,000円
ダイレクトボンディング大臼歯 
30,000円
ダイレクトボンディング大臼歯(複雑なもの)
40,000円
メニュー
料金(税別)
備考
インプラントオペ(インプラント体埋入)
240,000円
カスタムアバットメント
60,000円
オールセラミック
120,000円
メニュー
料金(税別)
備考
ホームホワイトニング(上下トレー、ジェル8本)
36,000円
 └ 追加ジェル(2本)
3,000円
オフィスホワイトニング(20歯、60分 )
24,000円
ウォーキングブリーチ(1歯)
12,000円
 └ 薬液交換2回目以降
3,000円
メニュー
料金(税別)
備考
定期検診・クリーニング
6,000円
PMTC
12,000円
・歯石除去(スケーリング)
・着色除去(エアフロー)
・バイオフィルム除去(エアフロー)
・歯面補修(リナメルペースト ポリッシング)
・歯面強化(フッ素ペースト ポリッシング)

一般的に考えられるリスクと副作用

一般的に考えられるリスクと副作用

医療ガイドラインでは、ホームページ上において、自由診療の料金だけでなく、リスクと副作用について明記することとなっております。歯科医師として一度も経験の無いようなものもありますが、考えられるものについて表記しております。

ホワイトニング

・ホワイトニングは健康保険適用外の自由診療となるため、健康保険適用の治療と比べ治療費が高額となります。
・ホワイトニングは、非常に少ないですが歯の保護膜を溶かしてしまう作用があります。
・ホワイトニングは、しみるような感覚がでることがあります。
・ホワイトニングは、天然歯であることが前提の施術ですので、入れ歯や差し歯、セラミックなど、人工歯を白くすることはできません。
・歯にヒビがある方は、ホワイトニング剤がヒビから入り、強い刺激を与える可能性があるため施術を避けるべきです。
・抗生物質の影響で歯の変色が大きい場合、ホワイトニングの作用が出にくいです。
・無カタラーゼ症の方は、ホワイトニングはできません。

セラミック治療

・セラミック治療は、健康保険適用外の自由診療となるため、健康保険適用の治療と比べ治療費が高額となります。
・セラミックの種類によっては、強い歯ぎしりや噛みしめにより、破損させてしまう場合があります。
・メタルボンドの場合は、歯と歯茎の境が黒く変色してしまうことがあります。

入れ歯治療

・入れ歯の種類によっては、健康保険適用外の自由診療となるため、健康保険適用の治療と比べ治療費が高額となります。
・個人差があるため、必ずしも快適な入れ歯となることを保証できるものではありません。
・使い勝手によって入れ歯ga破損することがあります。

インプラント治療

・インプラント治療は、健康保険適用外の自由診療となるため、健康保険適用の治療と比べ治療費が高額となります。
・インプラント治療は、インプラントをあごの骨に埋入する手術が必要となります。
・インプラント治療は、術後の腫れ・痛みを伴うことがあります。その時のために痛み止めや抗生剤をお出ししております。
・インプラント治療は、人により骨造成などの手術が別途必要となることがあります。その場合、別途手術費用がかかります。
・インプラント治療は、歯周病のある方、心疾患、骨粗鬆症等、内科的な疾患のある方は、適さないケースもあります。また普段服薬しているお薬等も治療に影響する事があります。
・インプラント治療は、免疫力や抵抗力が低下している方、糖尿病の方、口腔内の衛生状態の悪い方、あごの骨が足りない方、喫煙者の方は、すぐに治療開始できない事があります。
・インプラント治療は、非常にまれですが、血管損傷・神経麻痺のリスクが伴います。ただし、インプラント手術の検査や計画を入念に行うことでこのトラブルを回避できます。
・インプラント治療は、上顎にインプラントを埋入する際は、上顎洞膜を破る可能性があります。
・インプラント治療は、お身体の状態や細菌感染により、術後インプラントが骨と結合しない場合があります。
・インプラント治療は、口腔内の衛生状態が悪い方、歯ぎしり、くいしばりの強い方はインプラント周囲炎を引き起こす可能性があります。日ごろから丁寧なメインテナンスが必要となり、咬合調整やナイトガードの装着も必要になる場合があります。
・インプラント治療は、骨の成長途中になるお子様や、妊婦の方は受けられません。

矯正治療

・矯正中、舌の動きや発音の邪魔に感じることがあります。
・歯の表側に装着するワイヤー矯正は、矯正装置をつけていることが他人にすぐにわかります。
・矯正装置が口内のどこかの部分に当たることで口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴う痛みを感じることがあります。
・金属の矯正装置では、金属アレルギーのある方は金属アレルギーのリスクがあります。
・歯を並べるためにに十分なスペースがない場合は、抜歯が必要となる場合があります。
・矯正中、装置により歯の清掃がしっかり行われず、虫歯や歯周病になったり虫歯や歯周病が悪化するリスクが上昇します。
・矯正終了後、後戻りが発生する場合があります。

医療費控除について

医療費控除とは

医療費控除とは、一年間に支払った医療費が一定の金額以上となった場合、税金が軽減される制度です。自由診療では、医療費控除の申請を行うことで、税金の一部が戻ってきます。

  • 一年間に支払った医療費が10万円以上だった場合、税金の還付・軽減の対象となります。
  • ご本人の医療費のほか生計が同じであれば、配偶者や親族の医療費を合算することができますので、奥様が扶養家族でない場合でも、旦那様の医療費と合算できます。
  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。
  • 医療費控除の手続きには、確定申告時に医療費の支払いを証明する領収書が必要です。

医療費控除の注意点

  • 対象期間中の医療費であれば、内科や外科などでの治療費のほか、市販薬の代金も対象となります。
  • 交通費の申請もできます。日時・病院名・交通費・理由が必要となりますので、忘れないようにお控え下さい。なお、車で通った場合は、控除の対象となりませんのでお気を付け下さい。
  • 医療機関での「治療」にかかった費用に対する控除のため、美容目的や予防健康維持のための費用は、対象外となってしまいます。
  • 「医療費控除」は、支払った税金からの“控除”ですので、いくら医療費控除の対象額が、高額であっても所得税を支払っていない場合は、そもそも返還されるお金がないため、返還金は0円になります。また、支払った所得税よりも、計算上の控除額の金額が大きい際には、源泉徴収書を持参することになっています。
  • 分割払いの場合は、対象年度中に支払ったものに限って控除の対象になります。そのため、残りの支払額分は、実際に支払った年の医療費控除対象となります。
  • 医療費控除額は、最高で200万円です。
  • 会社勤務の方は確定申告にて申請が必要になります。

医療費控除と所得の関係

控除額は所得税率が高いほど高くなります。

そのため高額所得者ほど医療費控除で還ってくる税金は、多くなる仕組みです。生計を共にする配偶者や親族の医療費を合算することが出来ますので、同じ治療費の申請でも、例えば奥様が300万円の所得で、旦那様が800万円の所得の場合、奥様の方で申告するよりも、税率の高い旦那様の方で確定申告していただければ、控除の実質医療費を下げる事が出来ます。

詳しくは、国税庁のホームページを参照してください。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1120.htm