歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTの無い歯科医院では、CT撮影をせずにインプラント治療を行うケースもあるようです。また、CT撮影をする場合にも、病院等へCT撮影に行かなければならなくなってしまいます。こういったことから、インプラント治療を行う歯科医院では、院内に歯科用CTが設置されていることが望ましいといえます。

歯科用CTでは、従来の2次元の画像しか見れないレントゲンと違い、3次元の立体画像や、輪切りの断層画像で、顎の骨の状態や、軟骨の状態、血管の状態、神経の状態を、詳細にわたり確認することができ、より安全性を高めたインプラント手術の実現につながります。

そのため、精密な治療を要する、インプラント治療などの際には、特になくてはならない機器であるといえます。

 


このページのコンテンツ