恵比寿 広尾の歯医者

午前 10:00-13:00 / 午後 14:30-19:00
休診 水曜・日曜・祝日 ※土曜は18:00まで
ホーム > 診療案内 > 根管治療

診療案内

Treatment

根管治療

ROOT CANAL TREATMENT

根管治療とは

歯の中には神経があります。神経は歯の中央から根の先まで続いています。神経の通る管を根管と呼びます。根管治療とはこの根管の中の治療のことです。
根管治療は抜髄と感染根管治療の2つに分けられます。

 
抜髄

虫歯が神経まで進行すると、神経が細菌に感染します。感染した神経が元の状態まで回復不可能な場合、これを取り除く必要があります。これを抜髄と呼びます。
根管内部の感染した神経を取り除き、無菌的にする処置のことです。無菌化した後に根管内を緊密に封鎖します、これを根管充填と呼びます。

温かいものを食べて痛みが持続する場合、神経が感染していて抜髄となる可能性が高いです。
神経が回復可能な状態の場合はMTAセメントを用いることで神経を温存することが可能です。

MTAセメント

 
 
感染根管治療

根管治療後の歯の根の先に炎症が起こってしまうことがあります。噛んだ時の痛みや、何もしなくても痛いなどの症状が出ることが多いです。炎症が悪化すると、根の先に膿がたまります。症状が進行すると歯の根元の横に膿の袋ができたり、そこから膿が出てきます。
根管内部の感染源を除去し、根管内部を無菌化することで炎症は治まります。無菌化した後に根管内を緊密に封鎖し根管充填を行います。 

根管内の感染源除去の際にマイクロスコープを使用することで、より効率よく効果的に根管内部の無菌化を行うことが可能です。

マイクロスコープを用いた治療

 

根管治療後の治療

神経を失った歯は、神経の生きている歯と比べると歯は脆くなります。そのため、コアと呼ばれる土台を建て、被せ物で覆うことで補強する必要があります。

しかし、治療後に被せ物の隙間やコアの隙間から細菌が根管内部に侵入しては意味がありません。治療後の再感染を防ぐためには接着性の材料で歯とコア、歯と被せ物を一体化させ、細菌を侵入させないことが重要になります。