恵比寿 広尾の歯医者

午前 10:00-13:00 / 午後 14:30-19:00
休診 水曜・日曜・祝日 ※土曜は18:00まで
ホーム > 診療案内 > ダイレクトボンディング

診療案内

Treatment

ダイレクトボンディング

DIRECT BONDING

ダイレクトボンディングとは

 

口腔内で審美修復用コンポジットレジン(プラスチック)を積層築盛し、歯を直接修復する治療法のことです。詰め物や被せ物と違って型を取ることがないので、その日のうちに直接治療することが可能です。

・歯を削る量が少ない
・歯の色と合わせるので、見た目がきれい
・劣化しにくいので変色しにくい
・強度が強いため劣化しにくく、虫歯になりにくい

といった特徴があります。
ダイレクトボンディングで使用するコンポジットレジンは、歯の構造に合わせて透明度、色調が多様です。透明性の異なるペーストを何層にも積層築盛することで、天然の歯のような自然観あふれる美しさの再現が可能となります。
また、フィラーと呼ばれるセラミックに近い成分がより多く含まれます。このフィラー高含有量が耐磨耗性や機械的性質を向上させ、高い強度で劣化しにくく、治療後の経年的な変色を最小限にとどめます。

前歯をキレイにしたい場合、歯を全部削ってセラミックの被せ物、表面を削ってラミネートベニアといった選択肢もありますが、どうしても歯への侵襲は大きくなってしまいます。
必要最低限の削除量で周囲と調和のとれるダイレクトボンディングで求める審美性を回復できる可能性があります。

 

ダイレクトボンディングの適応

 

 前歯の変色した詰め物をきれいにしたい

 転んで前歯が欠けてしまったが、削って被せたり、神経を取るのは避けたい

 奥歯の小さな虫歯の治療でも、できるかぎり歯を削りたくない

 
などがダイレクトボンディングの適応になります。虫歯が大きすぎてダイレクトボンディングでは十分な強度が取れない場合は、他の治療方法が必要な場合もあります。ダイレクトボンディングでの治療が可能かどうか、一度ご相談下さい。