恵比寿 広尾の歯医者

午前 10:00-13:00 / 午後 14:30-19:00
休診 水曜・日曜・祝日 ※土曜は18:00まで
ホーム > 診療案内 > むし歯治療

診療案内

Treatment

むし歯治療

CARIES TREATMENT

むし歯の進行

初期むし歯(CO)

歯の表面が溶けて透明感がなくなります。白く濁ったり、薄茶色になった状態です。痛みなどの症状はなく、再石灰化によって健康な歯に戻ることが可能です。

エナメル質のむし歯(C1)

歯の表面のエナメル質に限局された範囲がむし歯になっている状態。痛みを感じることはありません。
部位にもよりますが、一般的に当日にコンポジットレジンを充填し治療することが可能です。

象牙質まで進んだむし歯(C2)

むし歯が歯の内部に広がり、象牙質まで進んだ状態。冷たいものや甘いもので痛みを感じます。むし歯が深くまで進むと、温かいものでも痛みを感じます。
むし歯の大きさによって必要な治療が変わります。むし歯が小さければ、当日にコンポジットレジンを充填し治療することが可能です。大きい場合はインレーでの治療が必要になります。

神経まで進んだむし歯(C3)

むし歯が神経まで進行してしまった状態。大きな穴がなくても、内部で広がって神経まで進行することもあります。何もしてなくてもズキズキと痛んだり、温かいものでの痛みが数分間持続したり、咬むと痛いなどの症状があります。
細菌の進行によって神経の機能回復が難しい場合は、神経を取る治療(抜髄)が必要となります。細菌の進行が軽度で神経の回復が見込める場合、MTAセメントという特殊なセメントで神経を温存することも可能です。

MTAセメント

歯の根だけ残ったむし歯(C4)

むし歯が進行し、歯ぐきから上がほとんど崩壊し、歯の根だけ残った状態。むし歯が進行し、神経が完全に機能しなくなると痛みを感じなくなります。しかし、細菌が根の先まで進行し炎症を起こすと、再度強い痛みがでることもあります。
抜歯が必要となることが多いです。